被害者が自殺した場合、賠償額は減額されるのでしょうか?

一般に、事故による後遺症等により、うつ病等の精神疾患を罹患した場合、うつ病等の患者が自殺するというのは、経験則上十分予測できることであり、事故と死亡との間に因果関係を認めることが多いのですが、一方で、死亡について、自殺という被害者の行為が死亡という結果に寄与しており、加害者に死亡による責任を全部負担させるのは公平の見地から問題があるとして、損害額を減額するのが実務の主流だと思われます。もっとも、被用者が過労によりうつ病に罹患し、その後自殺したという事案で、使用者は、死亡による損害の全額を負担すべきとの最高裁判例があります。

アクセス

柏駅東口徒歩5分

千葉県柏市中央1-1-1
ちばぎん柏ビル5階(地図はこちら

交通

  • JR柏駅東口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

柏を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート