先日,考え事をしていて前をよく見ていなかったせいで,タクシーに追突してしまいました。幸いにして,お互い物損だけだったのですが,相手方からは,タクシーが使えない修理期間の売上を賠償してほしいと言われています。この場合,相手方の言う通りに支払わなければならないのでしょうか。

事故のために車が動かなくなった場合,その期間営業していれば得られたはずの利益を賠償しなければならないことがあります。具体的には,被害車両がタクシー,ハイヤー,路線バス,観光バス,営業用貨物トラックなどの場合に問題となります。
この点について,タクシーや路線バスの場合,通常であれば予備の車両を使うことが予想されます。そのため,通常であれば,売上の減少が生じないと考えられますので,損害を賠償する必要はありません。ただし,車両点検などで予備の車両を手配することができなかった場合や違う営業所から予備の車両を回送する必要があり,時間や費用がかかった場合などは,損害の賠償をしなければならないこともあります。このことから,被害車両が,予備の車両を使うことができない個人タクシーの場合は,休車損害を賠償しなければならない可能性が高いと思われます。
損害があるとされた場合には,1日当たりの運賃収入から経費を控除した上で,これに相当な修理期間を掛けることにより損害を算定します。

アクセス

柏駅東口徒歩5分

千葉県柏市中央1-1-1
ちばぎん柏ビル5階(地図はこちら

交通

  • JR柏駅東口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

柏を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート