第1回公判期日では、どのようなことが行われるのでしょうか。

まず、被告人の人定質問(氏名、本籍地、住所、生年月日、職業などを聞く)が行われ、続いて検察官が起訴状を朗読します。次に裁判官から被告人に対して黙秘権の説明が行われ、被告人の罪状認否(被告人が起訴状の事実を認めるか否かを答える)が行われます。その後、検察官の冒頭陳述及び検察官請求証拠の取調べ、弁護人請求証拠の取調べと続きます。弁護人からの申請により情状証人の尋問が行われる場合もあり、それに続いて被告人質問が行われます。被告人質問が終われば、検察官の論告求刑、弁護人の弁論が行われ、審理は終わります。
これらが第1回公判期日で全て行われるのが自白事件の通常の流れであり、1時間弱で終わりますが、否認事件や複数の事件で起訴されている場合には、1回では終わらず、何回かの期日にわけて行われることが多いです。

アクセス

柏駅東口徒歩5分

千葉県柏市中央1-1-1
ちばぎん柏ビル5階(地図はこちら

交通

  • JR柏駅東口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

柏を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート