窃盗(万引き)で執行猶予中の母がまた万引きをして逮捕されました。どうすればいいのでしょうか。

万引きで執行猶予付き有罪判決を受けたということはそれ以前にも万引きを行い、最初の数回は起訴猶予、その後罰金刑そして起訴されて正式裁判で執行猶予付き有罪判決を受けたものと思われます。今回万引き(窃盗)で逮捕されたとのことですが、早急に弁護士に刑事弁護を依頼して、弁護士に被害店舗への示談交渉をしてもらい、何とかして被害店舗との間に示談を成立させる必要があります。示談を成立させれば、100%ではありませんが、検察官が今回に限り起訴猶予処分としてくれる可能性もあります。示談が成立せずに、被害弁償しか受け付けてくれないこともありますが、その場合には、これまでの前科前歴を踏まえると検察官は起訴して、裁判所は実刑判決を下す可能性が高いと言えます。実刑判決となった場合には、執行猶予されていた前回の有罪判決についても執行猶予が取り消されて前回の有罪判決で宣告された刑にも服さなければなりません。万引きは人によっては繰り返す方が少なくありません。ある種の依存症的なところがあるため、万引きを繰り返す方は精神科医などの専門家のカウンセリングを受けて、二度と万引きを繰り返さないようにすることを強くお勧めします。

アクセス

柏駅東口徒歩5分

千葉県柏市中央1-1-1
ちばぎん柏ビル5階(地図はこちら

交通

  • JR柏駅東口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

柏を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート