強盗罪の刑事裁判で検察官から懲役5年の刑を求刑されました。判決では実刑判決になるのでしょうか。

刑事裁判において判決に執行猶予がつくか実刑になるかはある程度検察官の論告求刑で予想することができます。求刑が3年以下で論告において実刑を求めるとか矯正施設での処遇とか施設内矯正を求めるといった表現(これを実刑サインともいいます)がなければ、裁判所の判決も執行猶予判決が下されると考えていいかと思います。他方で、求刑が3年よりも長期の場合には実刑の可能性が高まります。それは3年以下の刑に限り執行猶予を付けることができ、3年を超える刑期については制度上執行猶予を付けることができないことによります。しかし、強盗罪では、法定刑の下限が5年ですので、検察官は特段の有利な情状がなければ酌量減刑せずに法定刑の下限で求刑をするのが通常です。そこで、論告において実刑サインがなく、示談などが取り付けていれば、求刑が5年であっても、裁判所は酌量減刑をして3年以下の懲役刑として執行猶予を付けることが通常だと思います。他方、検察官の論告において実刑サインが出ており、示談などが取り付けていなければ、裁判所は酌量減刑をしても実刑判決を下すことになると思います。その意味では求刑の年数が3年以下か3年以上かだけではく、検察官の論告で実刑サインが出ているかどうか、示談が取り付けているかどうかなどで裁判所が実刑判決を下すかどうかを見極める必要があります。

アクセス

柏駅東口徒歩5分

千葉県柏市中央1-1-1
ちばぎん柏ビル5階(地図はこちら

交通

  • JR柏駅東口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

柏を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート