夫が不倫しています・・・。調停を行ったのですが、夫は離婚に合意してくれませんし、不倫もしていないと言い張っています・・・。裁判になった場合離婚は認められるのでしょうか。

(1)不倫を裁判において証明できれば、不貞行為として離婚原因となり、裁判での離婚ができます。
不貞行為の意義ですが、不貞行為とは、配偶者のあるものが、自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性交することをいいます。強姦の加害者はこれに当たりますが、被害者は自由な意思に基づいていないので当たりません。また、売春もこれにあたるといわれています。
では、性交まで至っているかはわからないときには離婚は認められないのでしょうか。
そのような場合でも、異性と度を越えて親密な交際をしている場合など、離婚原因のうちの「その他婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚が認められ可能性があります。異常な性行為や、正当な理由のない性交拒否、同性愛などもこの離婚原因で判断されます。
どのように不貞行為を証明するのかが問題になりますが、興信所を雇うなどして、配偶者を尾行し、不倫相手と連れ立ってホテルに入り、数時間後に出てきたという一連の場面を撮影するなどして証拠化することが考えられますが、相手も人目を忍んでいることが多く、実際には非常に困難です。そこで、このような証拠をなるべく集めたうえで不貞行為を主張し、同時に夫の不誠実な行動や相手方女性との親密具合、別居期間、別居に至る理由となったその他の夫の行動などを挙げて「その他婚姻を継続し難い重大な事由」にあたることも主張して、不貞行為が立証できなくても離婚が認められうる構成を考えておくことも大事です。このあたりは個々の事例により裁判所の判断も分かれるところですから、弁護士とよく相談することをお勧めします。
(2)では、仮に私が不倫した側だった場合、裁判で離婚が認められることはあるのでしょうか。
このように自分に離婚原因がある配偶者から離婚の訴えがなされることを、「有責配偶者」の離婚請求といいます。最高裁判所は、①相当な期間の別居、②未成熟の子の不存在、③相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状態におかれる等、離婚を認めることが著しく正義に反するような特段の事情がないこと、の3つの要件を提示し、これを3つとも満たす場合には離婚を認める可能性がある、としています。
ただし、①相当な期間の別居の判断は、同居期間との対比や夫婦の年齢などから判断され、②未成熟子がいる場合でも離婚が認められるケースもあったりするので、①~③はいずれも個々の事例ごと難しい判断がなされることになります。端的に言えば、離婚により有責でない配偶者やその子が著しく過酷な環境に身を置くことにならないかどうかを総合的に判断しているといえますが、弁護士と相談してよく話し合われることをお勧めします。

アクセス

柏駅東口徒歩5分

千葉県柏市中央1-1-1
ちばぎん柏ビル5階(地図はこちら

交通

  • JR柏駅東口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

柏を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート