私は,きれいな字を書く自信がないので,遺言書をパソコンやワープロで作成して,署名だけ手書きにしようと思っているのですが,このような方法は認められているのでしょうか。

遺言には,①自筆証書遺言,②公正証書遺言,③秘密証書遺言の3つの種類が存在します。このうち,①自筆証書遺言は,遺言者が,その全文,日付および氏名を自書し,これに印を押すことによって作成するものです(民法968条)。「自書」とは,遺言者が自筆で書くことをいいます。これは,自らの手で書くことで偽造や変造を困難にするためや,遺言者の真意に基づいて作成されたものであることを表すために,すべての部分を自書することが必要とされています。そのため,パソコンやワープロで作成したり,誰かに代わりに書いてもらうことは,それが遺言書の一部分であっても全体が無効となります。そうすると,ご質問のようにパソコンやワープロで作成された遺言書は,例え署名が自筆で行われているとしても,無効であると考えられます。
それでもやっぱり自書をしたくないという場合は,②公正証書遺言を使う方法があり得ます(民法969条)。公正証書は,公証人が関与して作成されます。遺言者は,遺言の内容を公証人に口頭で説明します。公証人は,内容を整理して遺言書を作成し,その内容を遺言者に読み聞かせます。そのため,遺言者は,遺言について詳しい知識がなくても作成できますし,手が不自由であったりして自書できない人でも遺言をすることができます。ただし,公正証書遺言では,2人以上の証人の立ち合いが必要なこと,証人を通じて遺言の内容が外部に漏れるおそれがあることなどに注意が必要です。
なお,③秘密証書遺言は,遺言の内容は秘密にしつつ,遺言書の存在自体は明らかにするというものですが(民法970条),あまり利用されていません。

アクセス

柏駅東口徒歩5分

千葉県柏市中央1-1-1
ちばぎん柏ビル5階(地図はこちら

交通

  • JR柏駅東口徒歩5分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

柏を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート